腰椎椎間板ヘルニア

湘南カイロは1987に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来
これまでたくさんの腰椎椎間板ヘルニアの患者さんを施術してきました。

また、湘南カイロ会長である高木二朗太著、
『1日3分の自己療法で腰痛は治る』
が彩図社より出版され、県内外から腰痛の
患者さんが来院されています。

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ
当院の治療方針について書きましたので、お読み下さい。

椎間板ヘルニアとは

病院に行ってレントゲンやMRI写真を見せられながら、
お医者さんに神経が圧迫されているという説明を受けたら
不安感や恐怖感が生まれてしまうと思います。

手術する程悪くなければ痛み止めの薬や注射を打つしかないし、
手術するしか無いと言われても
出来ることなら他の方法でなんとかならないのかと
考えている方も多いのではないでしょうか。

椎間板とは背骨と背骨の間にあるクッションのような物です。
ヘルニアとは本来あるべき場所から脱出した状態を指します。

つまり椎間板ヘルニアとは簡単に説明すると、
骨の間に挟まれている椎間板が
飛び出してきてしまった状態という事になります。

その飛び出してきた椎間板が神経を圧迫してしまうことによって、
腰痛や足の痛みやシビレなど
坐骨神経痛が起こる病気だと考えられています。

ヘルニアと腰痛は無関係?

しかし…

レントゲンやMRIを撮ってみると、
この椎間板ヘルニアは腰や足に症状がない人にも
存在しているということが分かってきています。

では症状のない人にヘルニアはどれくらい見つかるでしょう?
文献によって差がありますが多い物で約8割です。

また、トリガーポイント注射で有名な
整形外科医の加茂淳先生によると
神経の圧迫で起こる症状は「麻痺」であり、
痛みやシビレは起こらないとおっしゃっていました。

つまり多くの椎間板ヘルニアは、
シワが増えるのと一緒でただの老化現象であり、
痛みやシビレとは関係ないと考えています。

ただし、「麻痺」が出ている場合は注意が必要です。

具体的には自転車のサドルがあたるあたりに
違和感を感じたり(馬尾症候群)、
排尿排便が正常に行なえない状態の時は
緊急手術が必要ですので直ちに病院を受診して下さい。

湘南カイロの椎間板ヘルニアの治療方針

基本的には腰痛の治療と変わりませんが、
おしりや足まで痛み痺れを伴う場合は
トリガーポイント療法も行ないます。

トリガーポイントとは簡単に説明すると、
筋肉が硬くなって
しこりのようになってしまった場所のことを言います。

あなたも痛みのある場所を指などでグリグリ押してみた時に、
しこりのような物があり強い痛みがあった経験はありませんか。

このトリガーポイントがあると、
筋肉のしこりがある場所だけでなく
他の場所にまで痛みやシビレを伴うことがあります。

それだけではなく、トリガーポイントの出来る場所によっては、
吐き気・めまい・不眠・うつ病などを引き起こす場合もあります。

湘南カイロではカイロプラクティックによる
神経の調整や骨格の調整だけでなく、
必要に応じて筋肉の調整や心因面のケアを行い、
ヘルニアに負けない身体を作っていきます。

シビレや強い痛みを伴う場合は、
始めは間隔を詰めて施術をした方がより早く楽になりますので、
最初の数週間は週に2〜3回の施術をお勧めいたします。

そして一番大切になるのが予防です。
今回の痛みは治癒力が低下していたことによって、
自分の身体が限界を超えてしまった状態です。

定期的なメンテナンス(月に1~2度程度)を行なう事によって、
高い治癒力を維持して
痛みや病気に負けない身体を維持しておくことが
長期的な健康に繋がります。

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ