気管支喘息

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来
これまでたくさんの気管支喘息の患者さんを施術してきました。

気管支喘息でお困りの方へ
当院の気管支喘息の治療方針について書きましたので、お読み下さい。

気管支喘息とは?

気管支喘息は、慢性的に空気の通り道に炎症を起こしており、
気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏になる結果、
咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起き、繰り返す病気です。

つらい気管支喘息、症状は?

空気の通り道の気管や気管支が急につまって為

・息苦しくなり
・呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューという音
・咳
・痰

が現れます。

さらに呼吸が苦くなると

・横になっていられず、座らなければ呼吸が出来なくない(起座呼吸)
・動くのも苦しい
・咳や粘着性の強い吐き出しにくい痰

などの症状も出てきて、
日常生活が送れなくなるくらい強い症状が出現します。
これを喘息発作と呼びます。

気管支喘息は放って置くと一生治らない病気です。
医療機関を早めに受診してください。

つらい気管支喘息、原因は?

さまざまな説があり、代表的なものとして

①アレルゲン
②感染
③ストレス
④自律神経

などがあり、はっきりした原因は現時点でもわかっていません。


①アレルゲン
一般的に喘息は、花粉および動物やダニなどの
主要アレルゲンが大きく関わっています。

ハウスダスト・スギ・ダニ・ヒノキなど全部で16項目あります。

②感染
感染を100%防ぐことは難しいですが予防は可能です。
インフルエンザ、肺炎球菌の2つのワクチンは
予防接種はしたほうがいいです。

③ストレス
ストレスは気管支喘息だけではなく
人間の起こす病気には大きく関与します。

仕事でのストレスやプライベートでのストレス、
辛いことがあり眠れない、
すぐイライラするなどが関わっています。

④自律神経
自律神経である交感神経と副交感神経が
うまく働いて人の体は健康を保っていられます。

例えば、人間の体温の保持、血糖値の調整、
多く摂取した水分を汗や尿にするなど
自律神経が働いて行っています。

アレルギー疾患などは副交感神経が働きすぎると
リンパ球が増え起こると言われております。

などの影響が重なり合って起こっています。

 

■気管支喘息の治療法

気管支喘息を根本的に治す方法は、
現在は明らかになっていないそうです。

病院では以下の治療法を行っております。
・薬物療法(β2刺激薬、吸入ステロイド薬など)

他には、原因となる感染やアレルゲンなどの対策を
考えていく形になります。

 

気管支喘息を我慢しながら、お薬に頼る生活ってつらいですよね。
今のままだと今後の生活も不安だと思います。
私たちはそういう患者さんを多く見てきました。

もし上記の治療でも改善しない、
症状改善するならそれ以外の治療も試してみたいと思うなら
当院の治療は解決の糸口になるかもしれません。

まず当院で「お薬以外の治療」をお試しください。
どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします。

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ