子宮筋腫

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来
これまでたくさんの子宮筋腫の患者さんを施術してきました。

子宮筋腫でお困りの方へ
当院の子宮筋腫の治療方針について書きましたので、お読み下さい。

子宮について

まずは子宮の役割についてお伝えします。

子宮には胎児を育てるという役割があります。

平滑筋という筋肉でできている袋状の臓器で、
大きく2つの部分に分けられ、
上部3分の2が子宮体部、
細くなっている部分である下部3分の1が子宮頚部と呼ばれます。

子宮の構造は、外側から漿膜(しょうまく)、
子宮筋層、子宮内膜の3層で構成されています。
子宮内膜は一定の周期で厚みを増し、
妊娠が成立しない時には剥がれ落ちます。

これが月経です。

子宮筋腫、どんな病気?

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。
婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、
その発生頻度は30歳以上の女性で20〜30%と推測されています。

子宮筋腫は良性なので、
がんのように他の細胞を脅かしたりするものではありません。
ただ、腫瘍の大きさや数、発生する位置などで症状が出ることがあり、
それが問題となる事があります。

また筋腫が出来る部位によって3つのタイプがあります。

・筋層内筋腫
子宮の壁に出来る筋腫で最も多い筋腫です。

・粘膜下筋腫
子宮壁の内側に向かって発育する筋腫。
受精卵の着床に影響しやすく、不妊の原因になることもあり、
筋腫が小さくても症状が出やすいのが特徴です。

・漿膜下筋腫
子宮壁の外側にできる筋腫で、
子宮の外側に向かって大きくなっていくため
突き出すようにコブができるが、
かなり大きくなるまで病状が出ないので気が付きにくいのが特徴です。

子宮筋腫の症状

出来る場所や大きさなどによって様々ですが、
代表的な症状は生理量が多くなる事と生理痛になります。

ほかにも

・頻脈
・便秘
・生理外での出血
・月経過多
・めまい、たちくらみなどの貧血症状
・下腹部のしこり、痛み
・不妊

などがあります。

すこしでもおかしいと感じたら医療機関を受診してください。

子宮筋腫の原因は?

なぜ子宮筋腫は発生するのでしょう。

実は、その原因ははっきりとはわかっていません。

ですが、初潮前の女性には見られず、閉経後には筋腫が小さくなることから、
「エストロゲン」という女性ホルモンが
子宮筋腫の発生・増大に関わっているのではないか、と考えられています。

一般的な子宮筋腫の治療方法

治療法は大きく3つに分かれます。

・経過観察
筋腫があってもそれほど大きくなく、
症状も軽く、日常生活に支障がなければ、
定期的に検診を行う経過観察を選択します。

・薬物療法
筋腫を大きくすると言われている
エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤の「ホルモン療法」と、
筋腫そのものは治療せずに症状のみを改善する「対症療法」の2種類あります。

・手術療法
薬物療法でも症状が緩和されなかったときには、
子宮そのものを取り除く「子宮全摘術」や、
腫瘍のある部分のみを切り取る「筋腫核出術」が検討されます。

などが挙げられます。

子宮筋腫を我慢しながら、お薬に頼る生活ってつらいですよね。
今のままだと今後の生活も不安ですよね。
私たちはそういう患者さんを多く見てきました。

もし上記の治療でも改善しない、
症状改善するならそれ以外の治療も試してみたいと思うなら
当院の治療は解決の糸口になるかもしれません。

まず当院で「お薬、手術以外の治療」をお試しください。
どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします。

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ