土踏まずの痛み

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来
これまでたくさんの土踏まずの痛みの患者さんを施術してきました。

土踏まずの痛みでお困りの方へ
当院の土踏まずの痛みの治療方針について書きましたので、お読み下さい。


土踏まずの痛む原因は?

以下のような場合に土踏まずの痛みが発生しやすいです。

・スポーツ中、もしくはスポーツ後
・長時間の歩行
・長時間の立っている姿勢
・ハイヒールを履いている時
・朝立ち上がる時

足の裏には、
・内側の縦アーチ
・外側の縦アーチ
・横アーチ

という3つのアーチが存在します。
これがある事で案定して立つ事が可能なのです。

他にもバランス機能・衝撃を吸収する機能・運動する機能などの重要な機能は、
これらのアーチのバランスにより備わったものです。

このバランスを保持することは、
土の上を歩くことが減ってしまった現代人にとって
非常に困難なものとなっています。

土踏まず部分に痛みが出る病気もありますので紹介します。

・足底筋膜炎
・足底線維種
・痛風
・モートン病
・糖尿病

上記で挙げたものの疑いもありますので、
痛みが強く生活に支障が出てれば、
医療機関を受診してください。

 

土踏まず痛の一般的な治療法

土踏まずが足を着いたり歩くと痛い、という症状が出て病院にて検査すると、
レントゲンで骨の変形が写れば
それは骨同士が当たって痛みが出ていると言われる事があります。

骨の変形の場合貼り薬と消炎鎮痛剤やインソールが処方され、
これで痛みが取れなければ手術を勧められます。

変形の骨が当たっているなら、
貼り薬や消炎鎮痛剤で骨の変形が治るわけがないので、
痛みが無くなったとしても
変形が原因で痛みが出ていたわけではないという事です。
骨が出っ張っている限り体重をかければ当たります。

土踏まずの痛みで当院にご来院した患者さんに
今までに行った治療法を伺ってみました。

・インソール作成
・足のストレッチ
・マッサージ
・電気治療
・骨盤矯正
・手術

などが多く挙げられました。

これらの治療で改善出来れば良いです。
しかしこれらの治療で
「いつまで通ったら治るかわからない」
「なかなか変化が見られない」という悩みで
当院を受診される患者さんがとても多いです。

ずっと痛いままだと今後の生活も不安ですよね。
私たちはそういう患者さんを多く見てきました。

どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします。

 

当院の施術方法

変形の骨が当たっているなら、
貼り薬や消炎鎮痛剤で骨の変形が治るわけがないので、
痛みが無くなったとしても
変形が原因で痛みが出ていたわけではないという事です。
骨が出っ張っている限り体重をかければ当たりますからね。

このケースの本当の原因は、痛みが出ている場所の足底筋という筋肉が
硬くなって弾力がなくなりクッションの役目をしなくなって、
体重がかかると痛むのです。

この筋肉のトリガーポイント(痛みの引き金になっているシコリ)を緩める事で
体重をかけても痛みは出なくなります。
骨の変形が写っても何も心配ありません。

レントゲンで異常がなければ足底筋膜炎と病名がつく事が多いと思います。
これも貼り薬と消炎鎮痛剤やインソールが処方されます。
足を着く・歩く・朝起き抜けの痛みなどが特徴です。

当院が原因と考えているのは
足底筋とその筋膜、さらにその表面の皮膚です。
これらを施術する事で効果を上げています。

上記で示したように足底筋のトリガーポイントの緊張によるもの、
筋膜や皮膚の緊張で弾力を失いクッションの役目をしなくなり
体重をかけたり歩くと痛いのです。

これらが複合で痛みを出しているため
どれか一つでも取り残していれば痛みは取れません。
特にトリガーポイント・筋膜・皮膚の施術は病院では勿論、
取り入れている施術院はほとんどないので治らないのです。

 

 

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ