バセドウ病

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来これまで
たくさんのバセドウ病の患者さんを施術してきました。

バセドウ病でお困りの方へ当院のバセドウ病の治療方針に
ついて書きましたので、お読み下さい。

バセドウ病(グレーブス病)ってどんな病気?

バセドウ病とは甲状腺の機能が亢進する病気です。 甲状腺は新陳代謝を促進するホルモンを作る重要な臓器で、首の前面に蝶が羽を広げるような形で気管を包み込むようにくっついています。バセドウ病は甲状腺が産生する「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌され、甲状腺機能が亢進している状態なので「甲状腺機能亢進症」とも呼ばれます。女性が発症する割合が多く(男性の3~5倍)、20~50代に多いのが特徴です。

バセドウ病の原因

バセドウ病の原因を考える上で重要になるのは「免疫系の異常」です。 本来免疫は体内に侵入した外敵(ウィルス等)をやっつけてくれる大事な仕組みなのですが、何らかの原因で自分自身の細胞や組織を異物とみなして攻撃してしまうことがあります。これが「自己免疫疾患」と呼ばれるもので、バセドウ病もその中の1つです。 通常、甲状腺は脳下垂体から分泌される「甲状腺刺激ホルモン」に刺激されて甲状腺ホルモンを分泌します。しかし、免疫システムに異常が起きると、何らかの原因で甲状腺を敵とみなす「甲状腺自己抗体」が作られ、通常の「甲状腺刺激ホルモン」に加えて「甲状腺自己抗体」が絶え間なく甲状腺を刺激することになり、甲状腺ホルモンを過剰に分泌してしまいます。

バセドウ病、症状は

バセドウ病には3つの代表的な症状がありメルセブルグの3徴と言われ、3つとも出る方と出ない方がいます。 1. 眼球突出(目が飛び出る) 2. 甲状腺腫(首が腫れる) 3. 頻脈(脈が速くなる) 他にも自覚症状としては、 ・息切れ、疲れやすい ・暑がりになる ・食べても体重が減る ・目やのどに痛みがある などの症状があります。

一般的なバセドウ病の治療方法

バセドウ病の治療法はどの治療法もホルモンの過剰分泌を防ぐことが目的です。 ・薬物療法 ・手術 ・アイソトープ治療 上記が治療法になります。 これらの治療で改善出来れば良いです。しかしこれらの治療で 「手術はしたくない」「なるべくお薬は使いたくない」という悩みで 当院を受診される患者さんがとても多いです。 今のままだと今後の生活も不安ですよね。 私たちはそういう患者さんを多く見てきました。 もし上記の治療でも改善しない、 症状改善するならそれ以外の治療も試してみたいと思うなら 当院の治療は解決の糸口になるかもしれません。 まず当院で「お薬、手術以外の治療」 をお試しください どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします。

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ