ばね指

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来これまで
たくさんのばね指の患者さんを施術してきました。

ばね指でお困りの方へ当院のばね指の治療方針に
ついて書きましたので、お読み下さい。

ばね指と腱鞘炎の違いってなに?

簡単に説明すると「腱鞘炎」が酷くなると「ばね指」になります。 指の腱の中にあるトンネルのような部分、腱鞘という場所に炎症が出てしまう事を 腱鞘炎と言います。 この腱鞘炎が長引き、腱鞘という場所が腫れ指の曲げ伸ばしをする時に「カク」と引っ掛かりが出てしまう事をばね指と言います。

ばね指の症状

ばね指とは、指をよく使う人に現れやすい症状です。男性にも起こりますが、特に女性に多く傾向としては妊娠中や産後、更年期を迎えた女性に発症しやすいといわれています。主な症状は、以下の5つがあげられます。 ・指の曲げ伸ばしに引っかかりがあり、スムーズに曲げ伸ばしできない ・曲げようとするとカクンとした衝撃がある ・指が曲がったまま伸びない ・伸ばそうとするとばねが弾けたように勢いよく伸びる ・付け根部分に腫れや痛みがある 指を曲げ伸ばしする際に引っかかりを感じたり、ばねが弾けるように急に動くような「ばね現象」が出現したりします。ひどい場合は関節が固くなり拘縮(こうしゅく)がみられることもあります。放置しておくと症状が悪化していきます。

ばね指の原因

まず、2つの女性ホルモンが原因とされています。 妊娠・出産の際に多く分泌される「プロゲステロン」は、腱鞘を収縮させる作用があるため、育児で手を酷使することにより、腱と腱鞘の間で摩擦がおきて腱鞘が熱を持ち腱鞘炎の発症リスクが高まります。 次に更年期を迎えると、「エストロゲン」の分泌が急激に減少します。 エストロゲンには腱や腱鞘の弾力性を保持する働きがあり、このエストロゲンが減少するため、腱鞘炎になり、ばね指になります。

ばね指の治療法

まず、病院では腱鞘に直接注射する方法があります。3回続けると良くなると言われやったことのある患者さんの話では、大変痛かったそうです。あまりの痛さに3回は無理、1回でやめて当院を受診しました。違う患者さんで以前ばね指をやって病院で3回注射を勧められ打ったところ、とても痛かったけど1回目で指の動きと痛みがなくなったのでその後病院にはいかなかったという患者さんもいました。慢性化した場合や注射で良くならなかったら、腱鞘を切開する手術を勧められます。当院に受診された患者さんは手術が嫌で来院される患者さんが多いです。他にも、一般的な治療法は ・温熱療法 ・超音波治療 ・テーピング ・マッサージ ・レーザー治療 上記の治療が主になります。こちらの治療で完治した方はこの治療が 合っていると思います。しかし治らない方はもしかすると治療されている場所自体が 間違っている可能性があります。 これらの治療で「いつまで通ったら治るかわからない」「なかなか変化が見られない」という悩みで当院を受診される患者さんがとても多いです。 ずっと痛いままだと今後の生活も不安ですよね。 私たちはそういう患者さんを多く見てきました。 どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします。 当院のばね指の施術は、指の硬くなった筋肉や腱を独自の押圧法でゆるめます。ある程度筋肉の緊張や腱にできたシコリが柔らかくなると指が引っかからなくなり痛みも消えます。 慢性になればなるほど緩めるのに時間と回数がかかるのでお早めにご来院ください

 

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ