心窩部の痛み

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来これまで
たくさんの心窩部の痛みの患者さんを施術してきました。

心窩部の痛みお困りの方へ当院の心窩部の痛みの治療方針に

ついて書きましたので、お読み下さい。

■心窩部の痛み(機能性ディスペプシア FD)とは?

心窩部の痛みやもたれ、飽満感などを有する病態です。

「みぞおちの痛み」を心窩部痛といいます。

胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がみつからない病気です。生命にかかわる病気ではありませんが、つらい症状により、患者さんの生活の質を大きく低下させてしまう病気です。

 

症状としては、

・みぞおちの痛み

・みぞおちの焼ける感じ

・食後の胃もたれ感

・食事開始してすぐに胃が苦しくなる

 

などがあります。

機能性ディスペプシアにも種類がありますので、お伝えします。

 

 

〇機能性ディスペプシアの種類

機能性ディスペプシアは、よく起こる症状によって大きく2つのタイプに分けられます。

タイプが重なったり、日によって症状が変わる事もありどのタイプか判断できない事もあります。

 

➀食後愁訴症候群(PDS)

食後の胃もたれや早期飽満感が起こるタイプです。

 

➁心窩部痛症候群(EPS)

みぞおちの痛み、みぞおちの焼ける感じが起こるタイプです。

これらの症状は食後愁訴症候群(PDS)と異なり食後だけではなく空腹時に起こる事もあります。

 

 

■つらい機能性ディスペプシア、原因は?

機能性ディスペプシアの原因は

➀消化管の運動機能障害

➁知覚過敏

➂ストレス

④ピロリ菌

が原因で起こります。

 

➀消化管の運動機能障害

・胃排出遅延

食べ物の消化に時間がかかり、また胃の中の食べ物を排出するのに時間がかかり

食後のもたれ感などの症状につながります。

 

・貯留機能障害

食事をとった後に胃が拡張せず、食物の取り入れがそれ以上できなくなることが、早期飽満感につながっています。

 

・胃電気活動異常

胃の収縮力が低下し消化不良を起こす事があります

 

➁知覚過敏

「知覚過敏」とは胃が刺激に対して痛みを感じやすくなっている状態を指します。

 

➂ストレス

生活でのストレスなどの心理的、社会的要因と機能性ディスペプシアは関係があると言われています。

 

④ピロリ菌

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに関わり胃粘膜に生息する細菌です。

 

などが機能性ディスペプシアの原因です。

 

 

■一般的な機能性ディスペプシアの治療法

主に病院でだと日常生活の改善指導と薬物療法になります。

症状自体は落ち着いても、原因がストレスなのでストレスが溜まりにくい体にしないと

また再発してしまうのです。

 

胃の気持ち悪さを我慢しながら、お薬に頼る生活ってつらいですよね。

今のままだと今後の生活も不安だと思います。

 

私たちはそういう患者さんを多く見てきました。

もし上記の治療でも改善しない、

症状改善するならそれ以外の治療も試してみたいと思うなら

当院の治療は解決の糸口になるかもしれません。

 

まず当院で「お薬お以外の治療」

をお試しください

どういう風に改善させてきたか当院の治療法をお伝えします

 

 

※ただいま準備中です

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ