四十肩・五十肩

湘南カイロは1987年に開設され、私自身も臨床歴10年以上、
2005年に茅ヶ崎駅前に茅ヶ崎治療室を開院して以来これまで
たくさんの四十肩・五十肩の患者さんを施術してきました。

四十肩・五十肩でお困りの方へ当院の四十肩・五十肩の治療方針に
ついて書きましたので、お読み下さい。

四十肩、五十肩とは?

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)は、50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されています。 肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で構成されていて、肩を動かす筋肉は肩の前方・上方・側方・後方・肩甲骨の周辺と脇の下など、肩が自由自在に動くように多数の筋肉があります。 肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲が狭くなります。

四十肩、五十肩の症状

症状はステージ(1~3)に分かれ次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになり、痛みのために腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへ動かせなくなる様な運動障害が起こります。 生活にも支障をきたすようになり重症化すると… ・洗髪、髪をとかす ・歯磨き ・炊事 ・洗濯物を干す ・電車のつり革につかまる ・洋服を着る ・寝返りを打つ ・寝ていても肩が痛い など、日常生活に大きな困難をもたらす場合があります。 痛みの出方は片方の肩だけの場合が主になります。 稀ですが、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがあります。 痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることも。 常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者さんも多くいます。

四十肩、五十肩の痛みの原因は…?

①肩関節の動きの問題 肩の関節を構成している関節の動きが悪くなる事で痛みが出ます。 ②肩を動かす筋肉の問題での痛み 肩を動かす筋肉は、前方・側方・後方など肩をどの方向に動かすかで使われている筋肉が異なります。痛みを出している筋肉にトリガーポイント(筋繊維の硬結・シコリ)が出来ている為、その筋肉が収縮して動かす時痛みが出ます。 ③肩周辺の筋肉を動かす神経の問題 これらの筋肉の神経は頚椎(首の背骨)の下部と胸椎(胸の背骨)の上部から出ています。この背骨の動きが悪くなることで筋肉を働かせている神経の流れが悪くなり痛みや硬さを作ります。 ④肩関節周辺の筋膜、関節包の問題 筋膜は筋肉を覆っている膜のことで、この膜は膜同士は連結しているので、 全身を覆うウエットスーツの様なものです。 筋膜が原因でなぜ痛みが出るかというと、筋膜が緊張して硬くなってしまうと その下の筋肉の動きを悪くしてしまうため、痛みが出ます。 ⑤肩関節の皮膚の問題 関節を曲げると関節の折り目にシワが出来ます。そのシワを中心に皮膚が動いているのですが、 関節部分の皮膚には一定の法則があり、関節のうらと表では正反対の動きになります。 その皮膚の動きが緊張して硬くなると、関節の動きが悪くなったり痛みが出ます。

一般的な四十肩の治療法

四十肩でご来院された患者さんに今までどういった治療を行ってきたか聞いてみました。 ・痛みを我慢しながらリハビリ ・注射 ・ストレッチ ・アイシング ・電気治療 ・超音波治療 ・マッサージ 上記に挙げた治療法が特に多かったです。 上記の治療法で改善する方もいればしない方もいると思います。 もし、なかなか改善しない、いつになった改善するかの説明もない、という悩みが ・あれば治療している場所が原因ではない(原因を見つけきれてない) ・そもそも治療法が間違ってる この2つのどっちかだと思います。 原因じゃないところを治療していても、治るのに時間が倍以上かかります… 当院に四十肩、五十肩の症状でご来院される患者さんも、そういう悩みを持ちながら ご来院される方がほとんどです。 症状も早く改善して、再発しないようにメンテナンスしたいとの事で メンテナンスで来院してます。 その早期改善の治療法をお伝えします。

当院の治療の考え方、治療方法

 

 

 

==============================

【茅ヶ崎市の整体マッサージ】湘南カイロ茅ヶ崎治療室

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-2-1 池杉ビル1F

茅ヶ崎駅南口タクシーロータリー目の前
神奈川銀行隣のビルです。

TEL:0467-87-0660 
「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
お気軽にご相談下さい。

受付時間
火~金曜 9:00~20:00
土日祝日 9:00~15:00
定休日:月曜日・日祝日(不定期で営業)
==============================

このページの先頭へ